文字サイズ

ヴィストカレッジ富山県庁前のWeb集団ワークを紹介!~運動で脳を覚醒させよう~

ヴィストカレッジ富山県庁前(放課後等デイサービス)では、「運動をしたい!」「身体を動かして発散したい!」という
利用者さんの要望に応え、Web集団ワークで運動教室を開催しました。

ヴィストカレッジでは国の指針に基づき、休校中の特別措置として4月より【Web支援】を実施しております。

今回のテーマは「運動で身体を覚醒させよう!」です。
参加された利用者さんは1年生2名、3年生1名、5年生1名の計4名です。
皆さん画面越しに元気に運動されていました。

Web集団ワークスタート!

「はい、それでは点呼を取ります。名前を呼ばれた人は返事をしましょう!」
初めに出席を取りスタートします。

今回のスケジュールは
①ラジオ体操 第一・第二
②グーチョキパー体操
③タオル運動(タオル回し・タオルくぐり・タオルキャッチ、あんたがたどこさ)
④ストレッチ
です。

まずは身体をほぐすためにラジオ体操を行いました。
ラジオ体操は動画を流し、スタッフの動きに合わせて行います。
腕や足を伸ばしたり、関節を大きく動かしたりし、身体全体の筋肉をほぐします。

次は足で「グー・チョキ・パー」を作り体操を行いました。

リズムに合わせて「グー・パー・グー・パー」 
「グー・チョキ・パー・グー・チョキ・パー」
その後は、更に難易度を上げます。

足を動かしながら手の動作も付け、リズムに合わせて体全体を動かします。
画面越しに「はぁ、疲れた~!」との声が。

ここでいったん休憩をはさみます。

休憩をしながらも簡単なじゃんけんゲームを行い、スタッフと利用者さんで
コミュニケーションを図ります。

休憩が終わり、次の活動はタオルを使った運動です。

・タオル回し・・・左右の手で順番に回数を決めて回す。
・タオルくぐり・・・前からタオルを下ろし、しっかり足を持ち上げてまたぎます。タオルを離さずに手を後ろにまわし、肩抜きをし繰り返しタオルをくぐる。
・タオルキャッチ・・・タオルを足にのせてバランスを取り、勢いをつけて手でキャッチをする。
・あんたがたどこさ・・・タオルを下に引き歌いながらリズムを取る。
スタッフの動きを模倣しながら進めます。

スタッフの「難しいですか?」との声に
「難しい!」と声をあげる利用者さんもおられましたが、諦めずに取り組むことができました。

最後はストレッチをして感想を話し合います。
「ラジオ体操楽しかった!」「タオルキャッチが楽しかった!」
利用者さんの“楽しかった”という思いを聞くことができました。
今回は身近にあるタオルを使って、バランスを保ったり、手と足の協調性を促したりしました。
また、歌に合わせて身体を動かすなど、少し難易度の高い活動にも挑戦することができました。

「運動したい」という、うずうずした気持ちが少し晴れたように感じます。

ヴィストカレッジ富山県庁前では今の状況でできる支援をスタッフ一同考え、
提供させていただいています。
皆さんでいっしょに乗り越えていきましょう。

ヴィストカレッジ富山県庁前