文字サイズ

おいしいケーキとコーヒーいかがでしょうか?「ヴィストカフェ」オープン!

ヴィストカレッジで毎年行っているイベント、「ヴィストカフェ」の様子をご紹介します。
ヴィストカフェは保護者さんにも参加していただき、保護者同士、スタッフとの交流を深めます。
ヴィストカレッジの保護者会としては一大イベントとして提案させていただいています。
ヴィストカレッジ富山県庁前(児童発達支援・放課後等デイサービス)では初めての開催でした。

ヴィストカフェとは?

ヴィストカフェとは、利用者さんがケーキやドリンクを作り、カフェの準備をいたします。
オープン時刻になりますと保護者の方々を出迎え、ケーキやドリンクを購入していただき
精一杯のおもてなしで接客いたします。

今回のヴィストカフェのメニューは
・フルーツケーキ
・ガトーショコラ
・ポップコーン(カレー味)
・アイスコーヒー
・自家製アップルティー
・無添加自家製りんごジュース

甘いデザート、しょっぱいお菓子を用意いたしました。

~13:00 パティシエ 出勤時間~ 

利用者さんがエプロン、三角巾を持ってわくわく出勤。
みなさんパティシエになりきり、フルーツケーキとガトーショコラの担当に分かれてケーキ作りに励みます。
ケーキ作りの工程として1番難しい作業が、生クリームを作ることです。

1番初めに生クリームづくりの作業が待っていました・・・
「これどうするの?」と興味津々で電動泡立て器を手にします。
混ぜる時間が長いため、子どもにとっては大変な作業ではないかと思っていましたが、
「先生手伝わなくてもできる!」と言い取り組みます。

フルーツケーキは、キウイフルーツと中に桃とクリームをサンドしたケーキです。
ボールにキウイを並べる作業は神経を使うようで、
「難しいよ」とお話ししながらも真剣な眼差しで最後まで敷き詰めることができました。

一つひとつの工程が終わるごとに、
「次はなにするの?」
スタッフがやっている作業を見て
「やりたい!!」
と積極的にケーキ作り参加します。

ケーキの出来上がりを楽しみにされている保護者さんのためにとがんばっておられました。

~14:45 ヴィストカフェ オープン~

オープンの時間になりました。保護者さんが、カフェへ来店されます。
利用者さんは、お父さんお母さんのオーダーをうかがい、ウェイトレスとして
おもてなします。

「おすすめはどれですか?」の声に対し、
「僕が作ったケーキ!」
と親子で楽しそうに会話をし、盛り上がる様子が見られました。

ウェイトレスの仕事を終えた後は、保護者、スタッフを交えた全員でおいしくいただきます。
「おいしい!」とケーキを頬張る姿は一仕事終えて達成感に満ちた表情でした。

ヴィストカレッジ富山県庁前では月に1度、保護者会を開催し、交流を深める場を準備させていただいています。
今回はカフェを開いての保護者会でしたが、他にも茶話会やカレーの会、屋外での保護者会イベントも行っております。
今後も、イベントと称したお子さんも楽しんで参加していただける保護者会を考えております。

ヴィストカレッジ富山県庁前