文字サイズ

ご利用について(就労移行支援)

「ヴィストの就労移行支援に興味がある」という方も、「自分に合うか分からない」という方も、まずは見学に来られませんか?
サービスの詳細をご説明いたします。また、実際の事業所の雰囲気も見ていただけます。
サービス内容についてはサービス概要ページよくある質問もご覧ください。

ご利用までの流れ

1お問い合わせ

まずはご希望の事業所へお電話もしくは見学お申し込みフォームよりお問い合わせください。
就労継続支援A型や就労継続支援B型などの事業所と悩まれている方も、お気軽にご相談いただけます。
「どのような就職を目指されているのか」をお聞きした上で、ニーズに応じて別機関へお繋ぎすることも可能です。

関連事業所

2見学・説明

事業所の概要や、プログラム内容などをご説明いたします。実際の事業所の様子をご覧ください。
また、ご利用条件などについてもご説明した上で、当サービスをご希望・ご検討される方は、体験利用へとお進みいただきます。

3体験利用

訓練プログラム作業訓練を実際に体験していただきます。
最大3日間体験していただき、利用可能かどうか検討していただきます。

4受給者証の申請

当サービスの利用が決まりましたら、お住まいの市町村へ「障害福祉サービス受給者証」を、申請していただきます。また、平成27年4月より「障害福祉サービス等利用計画」が必要となりました。
詳しくはご来所時にご案内いたします。

※受給者証は申請後、お手元に届くまで1~2ヶ月かかる場合があります。

5ご利用開始(正式利用)

障害福祉サービス受給者証」がお手元に届いたら、利用契約の手続きを行い、ご利用が開始します。
ご利用開始後は、支援員と共に目標設定を行い就職に向けて取り組みます。

ご利用要件について

厚生労働省の定める就労移行支援事業の対象者は、「一般就労等を希望し、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じ、適正に合った職場への就労等が見込まれる方(65歳未満の方)」となっています。利用期間は2年間です。

ご利用にあたり必要なもの

利用にあたり「福祉サービス受給者証」が必要となります。
「福祉サービス受給者証」の申請には以下のいずれかが必要となります。

  • 障害者手帳
  • 障害基礎年金の証明書
  • 自立支援医療受給者証

※これらをお持ちでない方でも事前の相談は受付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

利用料について

公的な福祉サービスですので、サービス利用料金は全体の1割となります。
世帯収入に応じて、お住まいの市町村により利用者負担上限額が決められています。
※当センターでは多くの方が、自己負担なくご利用頂いております。

区分世帯(*1)の収入状況負担上限額
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯0円
一般 1 市町村民税課税世帯(所得割16万未満)
入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム・ケアホーム利用者除きます。
9,300円
一般 2上記以外37,200円

※(*1)世帯:世帯の範囲は18歳以上の方、ご本人とその配偶者をさします。
厚生労働省ホームページ (障害者の利用者負担)より

ご不明な点は、ご来所時に説明させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

合わせてこちらのページもご覧ください。