文字サイズ

話を聴くときの最適な距離感を見つけよう!集中講座「コミュニケーションのいろは」を開催しました。

ヴィストキャリア武蔵ヶ辻では、定期的に集中講座を開き、
就労や生活に必要な知識を集中的に学んでいます。

先日は、「コミュニケーションのいろは」と題して、
コミュケーションの基本「聴くこと」「最適な距離感」に焦点を当て、講座を行ないました。

仕事をしていく上でも、周囲の方と上手にコミュニケーションをとり、
連携をスムーズに行なうことは大切なことです。

まずはじめに、「聴く」というのはどういうこと?

「聴く」とは、積極的に意識して音に耳を傾けることを表します。
耳に入ってくる音を受け入れる「聞く」とは意味が違ってくるのですね。

パーソナルスペースを意識する

パーソナルスペースは、対人距離とも言われ、近づきすぎると相手に不快感を与えてしまいます。

お互いに安心して話をするためには、相手との適度な距離が大切です。
そこで、参加された方同士で、ちょうど良いと感じる距離感をメジャーを使って測りました!

実際に測ることによって、距離感を実感することができますね。

学んだことを活かして、会話をしてみよう!

今回学んだことをいかして、講義の後半ではグループワークを行いました!
テーマは「今までコミュケーションを取れたと実感できた出来事」
これまでのことを振り返り、中々思い出すことができない方もいれば、
聴くことに集中し、話しやすい雰囲気をつくることを心掛けている方もいました。

参加された方の声

・聴く際の姿勢を学ぶことができました。
・否定的は言葉は使わないほうが良いと思いました。
・視線を合わせて話すように心かけます。
などの感想がありました!

コミュニケーションのプログラムは、他にも多くあります。
繰り返し受講することで、習慣化することを目指します。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

ヴィストキャリア武蔵ヶ辻 事業所概要ページ