文字サイズ

ヴィストキャリア金沢駅前の新型コロナ対策 ~訓練プログラムJST~

ヴィストキャリア金沢駅前(就労移行支援事業所)では、新型コロナウイルスの対策について利用者さんの安全・安心を
一番に考えた上で支援が途切れることなく、可能な限り継続できるようサービスの提供をさせていただいております。
今回は、対策を取り入れた上で実施している「JST」について紹介します。

JSTとは

JST(Job related Skills Training)は、日本語では「職場における対人技能トレーニング」といいます。
職業生活を円滑に送るためには、上司や同僚とのコミュニケーションが、大事な要素の一つになります。
これから就職を目指す方のために、自分の気持ちや考えを、職場の上司や同僚にうまく伝えられるようになることを
目的として、JSTを行っています。

JSTにおける新型コロナ対策

JSTはコミュニケーショントレーニングなため、「密」を避けての実施は難しいものがあります。
ですが、上記にもあるように仕事をしていく上でたいへん大事な要素であるため、利用者さんのニーズに応え、
あえて中止にはせず継続して実施をしています。

3密対策

①換気の悪い密閉空間

扉や窓を開け、風通しが良い部屋で実施しています。

②多数が集まる密閉空間

当プログラムは、参加を希望する方が多いプログラムでもあります。
このため、参加者を二班に分けて少人数で実施することにしています。

③間近で会話や発生をする密接場面

ロールプレイでは、ソーシャルディスタンスを意識した上で行っています。
少し不自然な距離感かもしれませんが、“今だからこそ、必要とされているトレーニング”
言うこともできるのではないでしょうか。

JST様々なテーマ

テーマは、より実践的な練習ができるよう、参加者からテーマを募集して行っています。
先日実施したテーマ ~会社での休憩時の会話~
就職後の休憩時の過ごし方について、気なる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「休憩時間はどうすればいいのだろう?」
「職場の人との会話に入っていけるだろうか?」
「どう話しかけたらいいのだろう?」
ということで、
Bさん、Cさんが会話をしているところにAさんが入っていく
という場面設定をし、ロールプレイングを行いました。

参加した方からの感想

参加した方からは、
「会話の間にタイミングを見て入ることは難しいと感じました」
「ロールプレイを行って、良い練習になりました」
といった感想が聞かれました。

また、ロールプレイでは難しく感じられた方が、「やってみよう」と今回学んだことを踏まえて
実生活で実践してみたところ、円滑な会話ができたそうで
「楽しく会話ができました!」
といった報告も受けています。

ヴィストキャリア金沢駅前では、具体的に就労のイメージを持っていただけるような実践的な
訓練プログラムを多数準備しております。

今、この時できないこともたくさんあります。一方で、できることもたくさんあります。
利用者さんと共に考えていけたらと思っています。

興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ヴィストキャリア金沢駅前 事業所概要ページ