文字サイズ

呉羽青少年自然の家でピザ作り体験!

みなさんこんにちは。
ヴィストカレッジ富山県庁前(放課後等デイサービス・児童発達支援)です。
ヴィストカレッジ富山県庁前では、毎月様々なイベントを開催しています。
今回は『呉羽青少年自然の家』の石窯で焼いた、ピザ焼き体験の様子をお伝えします。

感染対策をしながらの久々の調理イベント開催!

新型コロナウイルス感染拡大状況の中、ヴィストカレッジでは外出イベントや調理イベントを控えておりました。
少し落ち着きが戻ってきた中で、久々の調理イベントを実施できました。
感染対策を心がけ、小グループ活動やマスク・手袋着用等を徹底して行いました。

今回は、ピザ生地はあらかじめ用意しておき、調理器具の準備、後片付け、ピザ生地に載せる具材切り、ピザ皿作り、盛り付けを子どもたちと一緒に行いました。

石窯を初めて見る子たちは石窯に興味津々!
普段こんな近くで炎を見るのはあまりないですよね!
薪入れを手伝ってくれました!

小さな集団の中で、順番を守り、道具や指先を使う活動に取り組みます

使う調理器具は、全て洗って拭いてから使用!
集団の中で子どもたちは順番を守って自分の役割に取り組みます♪

今回のピザ具材は、玉ねぎ、ピーマン、ナス、コーン、ウインナー、チーズ。
子どもたちは、「ウインナー切ってみたい」「ピーマンってどうやって切るの?」と調理に意欲的!

たとえ上手に切れなくても、自分で包丁を使って切れた時は「やったー、切れた!」と笑顔で大喜び!
自分でやり遂げたことに達成感を感じていました!

包丁が怖くて触れなかった子は、プラスチック包丁を使うと挑戦することが出来ました!

ピザ皿作りは、アルミホイルとクッキングーシートを重ねて端を折っていきます。
アルミホイルとクッキングシート2枚を同時に折っていくのはなかなか大変!
皆、苦戦しながらも、指先・手のひらをうまく使い、折ることが出来ました♪

楽しい盛り付けタイム!

ワクワクの盛り付けでは子どもたちの想像力が大爆発です!

「私ピーマンはいらない~」「僕玉ねぎ多めが好き」と、自分たちで選ぶ自己選択の中から、
「食べる時に食べやすいように置くね」「具材でお父さんの顔作ってみる」と、みんな思いおもいに盛り付け!


それぞれ個性豊かな盛り付けになりました♪

その後、焼きあがったピザをその場で受け取り、いざ実食!

サクサクのピザを口に入れると、「熱いけど美味しい!」や「チーズすごく伸びて面白い!」などと色々な感想が飛び交いました♪

活動を振り返って

今回の活動を通して、仲間意識・達成感・自己肯定感・共感・集中力・微細運動・成功体験、そして自分の思いを表現したり、友達のいいところを見つけたり、様々なコミュニケーションを取ることができました。
久々の大型イベントに子供たちもとても嬉しそうで、思い出に残る時間となったようです。
コロナ情勢を確認しながら、今後もヴィストカレッジでは楽しく取り組めるイベントを企画していきます。

ヴィストカレッジ富山県庁前(児童発達支援・放課後等デイサービス) 事業所ページ

事業所の見学申し込み・利用のお問い合わせ