文字サイズ

【就労継続支援B型】コロナ禍での在宅支援と在宅でのお仕事~マスク作り~

今日の社会情勢から、外に出ることに不安を感じている方も多いことと思います。
本当は外に出て働きたいのに、それができないことは大変つらいことですね。

ヴィストジョブズ富山駅前(就労継続支援A型・B型多機能事業所)では、在宅でも社会とつながりを持ち、
いきいきと働く力を身に付けていただけるよう在宅支援を行っています。

その取り組みの一環として、今回はマスク作りのお仕事を紹介します!

在宅支援ってなに?

在宅支援とは、利用者さんがご自宅で作業を行い、スタッフと電話での連絡や面談を実施しながら
働く力を高める取り組みです。
作業の開始時と終了時に連絡をいただくことで、作業での困りごとや体調面での相談などをお聞きしています。

なぜマスク作りなの?

マスク作りを開始したのは今年の4月でした。そのころ世間ではマスクが全く販売されておらず、
感染症の終わりが見えない状況から更に不安が高まっていました。

そんな中で、みんなの不安を少しでも減らしたい、社会に貢献できるものを製作したいという
想いからマスク作りを始めました。

※ヴィストジョブズ金沢入江で販売中のポケット付き洗える布マスク(抗ウイルスシート1枚付)とは別商品になります。

マスクはどうやって作るの?

マスクの材料と手順書をお渡しし、それを見ながら作業を行っていただいています。
手順書で分からないところや困ったこと、材料の在庫などはお電話の際におうかがいしています。


在宅作業での発見

在宅でマスク作りを行っている利用者さんに、感想などをお聞きしました。

・ミシンの縫う技術があがった。
・集中して作業を行えている。あっという間に時間が過ぎている。
・裁縫関連の仕事もよいなと思えた。
・在宅での生活に一週間のメリハリがついた。
・ミシンを使うときに、母親に教わって一緒に作業をすることができてよかった。
・マスク作成について家族の会話に一つになってよかった。

それぞれ様々な発見があったようです。
中でも「在宅での生活に一週間のメリハリがついた」
「母親に教わって一緒に作業をすることができてよかった」という感想は、
在宅でお仕事をしているからこその発見ですね。

完成したマスクについて

表地には、着物の生地を使用しており、市販のマスクにはない華やかさがウリです!
裏地には、抗菌素材のガーゼを使っておりますので、マスクとしての機能もしっかりしています。
お値段は一つ500円!
洗うことで何度も使えますので、お財布にも優しいですね♪

興味を持たれた方、購入したいと思った方はぜひ、ヴィストジョブズ富山駅前までご連絡ください!
また、見学・ご相談もいつでも受け付けております!

ヴィストジョブズ富山駅前 事業所概要ページ

お電話でのご相談・見学お申し込み
076-411-7820(平日9:00-17:30)