文字サイズ

【満員御礼!】第2回 精神障害者の就労支援IPS研修

ヴィストキャリア富山中央(就労移行支援事業所)で「第2回 精神障害者の就労支援IPS研修」を開催しました。
前回に引き続き、定員を上回る、参加申し込みをいただきました!
今回は、好評いただいた研修の一部を、みなさんにご紹介します。

IPS研修とは?

従来の就労支援では、まず集団で訓練を行い、勤怠の安定やコミュニケーション能力、
ビジネスマナーなどを身に付けてから就労を目指すとされていました。

IPS(Individual Placement and Support)では、症状の程度に関わらず、
精神疾患のある方の「働きたい」という意思を第一に尊重し、
医療を含む他職種のチームで個別支援を行います。

本人のストレングスを活かすことが出来る職場にて、必要な技能をその場で身に付けていくという
新しい就労支援のモデルです。

ヴィストキャリア富山中央は、IPSの考え方に基づき個別の就労支援を行っています。

今回は、このIPSの魅力と方法を富山県内の関係機関の皆さんと共有し、
協働して障害のある方のリカバリーを手助けしていくためのつながりを持ちたいと思い研修を開催いたしました。

どんな内容?

まずは、前回の研修内容を踏まえ「そもそもIPSって?」という説明をし、
その後事例をいくつか紹介させていただきました。

今回、アドバイザーを「谷野呉山病院 院長 谷野亮一郎先生」にお願いし、
先生からのアドバイスもいただきながら、参加者全員で、よりよい支援の方法を考えます。

「黄色信号(体調不良のサイン)に、すばやく気付くにはどういう連携が必要?」
「こんな事例の場合は、どう支援したらよいだろう?」

医療機関、ハローワーク、行政機関、障害者就業・生活支援センター、企業と様々な分野の方々と、
日ごろの支援での疑問や困りごとも共有しながら、事例検討を行いました。

新たなネットワークも

研修終了後には参加していただいた方々が、それぞれ名刺交換や研修中には話しきれなかった
内容の共有を行っておられました。
研修を通して、新たなつながりが生まれます。

「勉強になった」
「もっと皆さんと話したかった!」
「次回も参加したい」
とたくさんの感想をいただきました。

今後も、富山県内の関係機関の皆さんと協働して
「その人らしく社会とつながっていきいきと生活する」
ための支援を行っていきたいと考えております。

次回のIPS研修は、ホームページやSNSで情報発信してまいりますので、ご確認ください!

随時、見学・体験も受け付けています!お気軽にお問合せください。

お電話での見学お申し込み・ご相談
076-471-8773 (月~金 9:00-17:30/土 9:00-12:45)

見学お申し込みフォーム

ヴィストキャリア富山中央 事業所概要ページ