文字サイズ

工作イベント「段ボール迷路に挑戦しよう!」を実施しました!

ヴィストカレッジ富山環水公園前ではお子様と1対1で行う個別ワークだけでなく、他のお子さんと一緒に活動を行う集団ワークも行っています。

年長児を対象とした就学準備前コース、プログラミングの基礎を楽しく体験することができるマイクラ大会、そして工作を楽しむことができる製作イベント等定期的に開催しています。
製作イベントは作って完成させるという達成感を味わうことができるのが魅力です。

6月1日、製作イベント「段ボール迷路に挑戦しよう」を実施しました。
今回はその時の子ども達の様子やねらいについてご紹介します。

製作イベントでのねらい

イベントに参加されたのは年少さん1名、年中さん3名です。

・達成感を味わい自己肯定感を高める
・友達と関わりを学ぶ
・のりやはさみ等の道具の使い方を知る

の、3点をねらいとし、子ども達に段ボール迷路を作ってもらい、スタッフが作ったコースと組み合わせて迷路を楽しみました。

みんなで迷路づくり

それでは段ボール迷路づくりスタート!

好きなキャラクターの絵を選んで段ボールにのりで貼り付けたり、クレヨンでチョコレートやアイスクリームの絵を描いたり、じっくり取り組んでいますね!

迷路の設置完了!とってもにぎやかで素敵な迷路ができあがりました!!

迷路で宝探し!

さぁ作った迷路でさっそく宝探し!
段ボール迷路の中に隠されたお菓子を見つけれるかな?

迷路の壁の中や扉の裏、次々と見つけては「あったよー!!!」と大喜び!!
友達より先にたくさんとろうと必死に探す子もいました。

迷路で遊んでみよう

次は迷路で自由に遊んでみよう!
今回の段ボール迷路にはタフロンテープののれんや、のぞき穴、トンネルなどスタッフが用意した、しかけがいっぱい!


のぞき穴からちらり♪


タフロンテープからばぁ~!!!


「まてまて~!」
トンネルを使って鬼ごっこを楽しむ子もいました。

集団ワークだからこそ生まれる「他者との関わり」

迷路で遊ぶうちに友達を意識して、勝ち負けを意識したり、鬼ごっこをするという関わりがみられました。
個別ワークだけではできない体験ができるのが集団ワークの魅力です。

ヴィストカレッジ富山環水公園前では今回の段ボール迷路以外にも、プラバンキーホルダー作りやエコバック作り等の製作イベントも開催しています。
製作イベントでははさみやのり、クレヨン等の道具操作、様々な素材に触れる経験を積み重ねながら、作ることの楽しさを味わうことができます。

子ども達が「作ってみたい!」「やってみたい!」と思えるようなイベントを、今後も企画していきます。
ヴィストカレッジ富山環水公園前(児童発達支援) 事業所ページ

事業所の見学申し込み・利用のお問い合わせ