文字サイズ

ヴィストキャリア金沢駅前から1月、2月で8名が就職しました! ~希望する仕事に就くためには~

今年1月、2月はヴィストキャリア金沢駅前(就労移行支援事業所)だけで「8人」の方が企業にて本採用となり、
めでたくヴィストを卒業されました。

就労移行支援事業所から一般就労する方の全国平均は「3.7人/1年間」というデータがある中、
ヴィストキャリア金沢駅前での本年度就職者数は「26人」
なんと全国平均の7倍の方が就職されています!

「求人」について

photo by 写真AC

スマートフォンが普及し、どこにいても求人検索ができるようになりました。
一方で、求人票の詳細を読みながら
「ハードルが高いな」
と思うことや、障害者求人を検索しても
「この中には自分のやってみたい仕事がないな」
と諦めていることはありませんか。

皆さんは、求人票を読む際にどの部分に意識が向きますか?
「どんな仕事なんだろう?」
「就労時間はどのくらいだろう?」
「週に何日出勤かな?」
この辺りで、ちょっと厳しいと感じると諦めてしまうことはないでしょうか。

実は、企業の方は皆さんがどんなことを負担と感じるのか分からず、
「こんなことが出来る人が来てくれたら助かるな」
という思いで求人票を書かれています。
しかし、それは希望であり絶対条件ではなかったりします。

そこで提案です!

もし、企業が
自分に合った、作業内容やスケジュールを相談してくれる
としたらどうでしょう?

photo by 写真AC

スタッフが企業と皆さんの間に入ることで本人の要望を企業に伝え、
スモールステップで長期就労に向けてスタートの準備をさせていただきます。

実際に、
・得意な業務を増やし、特性上難しい業務は配慮してもらう
・業務量や勤務時間の調整
など、企業に相談し合理的配慮の中で対応していただくことは多くあります。

求人が出されていない企業にも

障害者求人だけではなく、利用者の方からご相談があれば求人票を出している企業だけではなく、
出していない企業にも、ヴィストはどんどん提案をしていきます。

人事担当の方と話しが始まると
「障害者雇用を始めたのだけれど、どうやって何から始めればよいのか分からないんですよ」
と聞くこともあります。
そこからご縁が繋がり複数名採用していただいた企業もあります。

企業は、皆さんが「負担に思うこと」「希望されること」が分からず手探りで試行錯誤しています。
皆さんは自分だけで結論を出さず、自分のやりたいこと、働き方を、ぜひヴィストでお話してください。
ヴィストは企業に発信をし開拓をし、橋渡しをさせていただきます。
見学・利用のご相談はいつでも受け付けております!

ヴィストキャリア金沢駅前 事業所概要ページ