文字サイズ

コンピューターを楽しもう!~興味から生まれる関わりと自信~

秋涼の候 皆様はいかがお過ごしでしょうか。
今年はなかなかお出掛けができず
ヴィストでも室内での活動が多い日々です。
しかし、じっくりと活動に取り組めるよいチャンスでもあります。

コンピューターへの興味から

ゲームに加えて、コンピューターのあらゆる活用に
趣味の幅を広げてはいかがでしょう。

最近では、子どもたちの憧れの職業はユーチューバーです。
ヴィストカレッジ富山駅前(放課後等デイサービス)の利用者さんも
「プログラミング」や「動画編集」「デジタルデザイン」など、
コンピューターを使った職業への関心を高めています。
そのため、ヴィストカレッジ富山駅前ではデジタルグッズを充実させてきました。

「やってみたい」「好き」と思える活動から、
知識を伝え合ったり、アドバイスを求めたりと
思いがけないコミュニケーションが生まれることも多々あります。

スタッフと一緒にITを体感しよう!

パソコンやタブレット、ゲーム機器はとても便利で
一度はじめると、なかなか手が止まらないこともあります。
大好きなゲームやネットサーフィン、動画の視聴など
時間はあっという間に過ぎていきます。

特にひとりで過ごすときは
「時間」や「ネット利用」などのルールを定めて
上手にコンピューターと付き合いたいところです。

ヴィストカレッジ富山駅前でも
パソコンやタブレットを使った個別ワークでは、
あらかじめ利用者さんと時間や内容を計画して
スタッフが一人ひとりに寄り添い、一緒にワークを進めます。

限られた時間内で、計画した内容に合わせて
自分がしたいと思う活動に取り組むことも大切なワークです。

動画の制作や編集作業もスタッフと話をしながら進めます。
面白かったことやアイディアの共有、新しいデバイスの情報交換など
コンピューターを通して、一人きりでは無い環境で
コミュニケーションの機会が増えるのは魅力の一つです。

デジタル世代の利用者さんは、
コンピューターの知識が豊富で技術力もあるので、
時にはスタッフのミニティーチャーとなって教えてくれます。
このように「大好きなこと」を人に伝えることで
得意な分野にさらなる自信が持てることもあります。

楽しみながらプログラミングを学ぼう!

プログラミングには、パソコン上でコードを作成して
ゲームを完成させる楽しさがあります。
そして、目の前にある実際のロボットを動かせる楽しさもあります。

ロボットが目的の物にたどり着くには、どのようにすればいいのか?
どのような順序で、どう進めばよいのか、
進行方向を考えると、頭の中は「右に」「左に」と大混乱します。

ロボットが思い通りに動いて、
自分で考えたプログラミングが成功したら嬉しさはひとしおです。
また、スタッフと話し合い理解を深めて、
もっと簡単なプログラムで同じことができると
新たな発見をしていく時には、大きく成長していると感じられます。

プログラミングでねずみのロボットを動かす

また別のプログラミングでは、
自分の表情を変化させると、それに連動してロボットを動かすこともできます。

怒ったり、笑った表情をすると動く方向が変わったり、
首を傾けた方向にロボットを移動させることもできます。
どの角度に動くように設定するのか、それをロボットがちゃんと認識するのか、
細かい微調整にも熱が入ります。
だからこそ、思った通りに動かせたときは
スタッフにも伝えたくなるのです。

パソコン画面とロボット

また、動画編集はじっくりと考えることに適しています。
自分で撮影した動画を編集したり、大好きなキャラクターをダンスさせたりと
エディターとなって自由自在に操作できる感覚を楽しめます。
その楽しさから、自分の技術に磨きをかけようと
他の利用者さんの編集を参考にしたり、ワークの時間に集中します。

「将来はコンピューター関係の仕事に就きたい」
という利用者さんは、スタッフの細かい質問にも答えながら
一歩一歩夢の実現に近づいていくような成長を感じさせてくれます。

プログラミング中のパソコン画面

大好きな活動だからこそ深まる会話

「やってみたい」と思える気持ちがワークで広がります。

デジタル世代の好奇心旺盛な利用者さんは
いつでもスタッフの半歩先を行き、
生き生きとした様子でスタッフにアドバイスをしてくれます。
また、様々なことに真剣に挑戦しているときの表情はとても輝いています。

「やりたい」が「できた!」になった時、
確かな自信が生まれるのだと思います。
「次もやりたい」そんな活動を目指して、
コンピューターを活用していきます!

ヴィストカレッジ富山駅前(放課後等デイサービス) 事業所ページ
事業所の見学申し込み・利用のお問い合わせ