文字サイズ

【ヴィストカレッジ】スタッフにインタビュー!得意分野&支援エピソード(後編)

こんにちは。ヴィストカレッジ金沢駅前です。
それぞれの知識や経験を生かした支援を実践しているヴィストカレッジ金沢駅前(放課後等デイサービス)
スタッフについて知っていただきたい!と各スタッフにインタビューを行いました。

後半は、女性スタッフ4名をまとめてご紹介!

「【ヴィストカレッジ】スタッフにインタビュー!得意分野&支援エピソード(前編)」はこちら

スタッフD

職名:センター長・児童指導員
職歴:グループホームでの介護・相談支援

Q. 専門分野・得意分野について教えてください。

A. 保護者支援・心理学です。

Q. 今までで一番成果のあった支援はなんですか?

A. 「利用者さん・保護者の方のニーズに応える!」
場面緘黙(特定の場面だけ話せなくなってしまう症状)により学校でお話することが難しい利用者さんに対して
支援をしています。

ご家庭に伺い保護者の方とお話をしたことで、 “伝えられない“という課題を共有しました。
その課題を解決するため、学校で必要なことを伝えるためのカードをご本人とスキル訓練内で作成しました。
実際に使うことができた!との報告をいただきとても嬉しく感じました。

スタッフF

職名:児童指導員
職歴:小学校教諭

Q. 専門分野・得意分野について教えてください。

A. 学習支援・パソコン技能です。

Q. 今までで一番成果のあった支援はなんですか?

A. 「スモールステップでできる喜びを」
小学生の書くことに苦手意識があった利用者さんが支援によって文章を書けるようになりました!
まずはご本人の好きなキャラクターを図鑑にする活動を行い、“書く“ことに興味をもっていただきました。

その後、スタッフが書いた文章を並べかえる活動をし、接続語について知ることで文章を書くことが
できるようになりました。
少しずつ段階を踏むことで目標を達成できるよう支援しています。

スタッフG

職名:児童指導員
資格:中高等学校第一種免許(理科)

Q. 専門分野・得意分野について教えてください。

A. ものづくり・食育です。

Q. 自分の強みが生かせた支援はありますか?

A. 「挑戦することの楽しさを実感!」
普段あまり触れることのない“かごあみ”“はたおり”などさまざまなことに挑戦してきたので、
余暇活動で好きなことがない・何か新しい趣味を見つけたい利用者さんに対し新しい活動を提案することができました。

最初はあまり興味をもっていただけなかった利用者さんも実際にやってみて
「次もやりたい」「他のスタッフに教えたい」と感想を伝えていただきました。

スタッフH

職名:児童指導員
資格:社会福祉士(勉強中)

Q. 専門分野・得意分野について教えてください。

A. イベント企画・広報活動です。

Q. 自分の強みが生かせた支援はありますか?

A. 「挑戦することの楽しさを実感!」
私は自分が今まで生活する上で楽しかったこと・挑戦してみたいことをスキル訓練に取りいれて、
利用者さんにも体験していただきたいと感じています。最近ではレジンを使ったハンドメイドアクセサリー作りや、
パソコンを使ってTシャツをデザインするイベントを開催しました。

両方とも予定していた以上の利用者さんにご来所いただき、初めての方も「楽しかった」「経験できてよかった」
感想を伝えていただきました。
「やってみたい!」と思う気持ちを大切に支援しています。

ヴィストカレッジ金沢駅前だからできる支援!

スタッフ全員が支援についての熱量がかなり大きく、インタビュー予定時間を過ぎても「まだ話したい!」
と言うスタッフばかりで困ってしまうほどでした…。
このようにさまざまな強みのあるスタッフですが、同じ目標に向かって支援するために月に2度スタッフ全員での
ミーティングや毎日の情報共有を欠かさず行っています。

ひとりの利用者さんに対してさまざまな方向からのアプローチ、さらには他のスタッフの
良いところを取り入れた支援も行っています。
多様な利用者さんや保護者の方それぞれに合った支援をしていることがヴィストカレッジの強みです!

ヴィストカレッジ金沢駅前のページ