文字サイズ

楽しく遊べてタメになる!スタッフおすすめボードゲーム3選

夏休みも終わり、新学期が始まりました。
今年もコロナの影響で、去年に引き続きお家で過ごされる方が多かったのではないでしょうか。

おうち時間のお供として、いま注目されているのがボードゲームです。
楽しく様々なことが学べるため、学校教育でも取り入れられてきており、ヴィストカレッジ西金沢駅前にも約30種類のボードゲームがあります。
今回はその中からおすすめのボードゲームを3種類紹介したいと思います。

1.初めてのボードゲームにおすすめ 果樹園ゲーム


プレイ人数:2~8人
プレイ時間:10~20分間
対象年齢:3歳~
ジャンル:協力

ルール

・サイコロで出たイラストのフルーツを収穫します。
・カラスが出たらパズルのタイルを1枚埋めます。
・フルーツを全て収穫する前にタイルが埋まってしまったらカラスの勝ち。
・タイルが埋まる前にフルーツを全て収穫出来たらプレイヤーの勝ちです。


プレイヤー全員でカラスに勝つことを目的とする、協力型のボードゲームです。
プレイヤー同士が競い合うゲームではないため、勝ち負けが苦手な子も楽しめます。
ルールは非常に簡単なので、初めてプレイするルールのあるゲームとしてもおすすめです。

2.求められるのは判断力と反射神経 おばけキャッチ


プレイ人数:2~8人
プレイ時間:20~30分間
対象年齢:8歳~
ジャンル:対戦

ルール

・テーブルの中央に、“白色のおばけ” “赤色のソファ” “青色の本” “緑色の瓶” “灰色のネズミ”の
5つのコマを置きます。
・山札からカードを1枚めくり、カードにコマと同じ絵が描いてあった場合、対応するそのコマを取ります。

・コマと同じ絵が描かれていない場合は、色も形も全く合わないものを取ります。正しい物を取ったらカードをもらえます。

・カードを1番多く集めたプレイヤーの勝利です。

プレイヤー同士が競う対戦型のゲームです。
ルールは非常に簡単ですが、“描いてあるコマ”を取るのか、“描いていないコマ”を取るのか、
とっさに判断するのは大人でも難しいため、大人と子どもで対等に遊ぶことが出来るのも魅力です。

3.質問を繰り返し答えにたどり着こう ウミガメのスープ


プレイ人数:2人以上
プレイ時間:問題によって制限時間が違う(大体10分前後)
対象年齢:10歳~
ジャンル:推理 協力 クイズ

ルール

・出題者(最大1名)と回答者(何名でもOK)側に分かれます。
・出題者はカードに書かれている、一見訳の分からない文章を読み上げます。
・回答者は出題者に対し、「YES」「NO」「関係ありません」のいずれかで答えられる質問をし、真相にたどり着いて下さい。

ウミガメのスープで出される問題は一見不可解です。
「男は2番を取ったことで、1番になった。一体、なぜ?」など、必要最低限の情報しか回答者には渡されません。
回答者は質問を繰り返し、徐々に情報を集めていき、答えを導き出すのです。
問題が分かったときのスカッと感はたまりません。考え抜いて答えを導く楽しさが得られるゲームです。

さいごに

ボードゲームはただ楽しいだけでなく、自分で考えて答えにたどり着く楽しさや、社会性を学ぶことができます。

ヴィストカレッジ西金沢駅前では、今後もボードゲームをどんどん増やしていく予定です。
そのほかにも、子どもたちが楽しんで学べるツールを多数導入していきます。
「このツールを導入して欲しい」「このツールは面白そう」などの意見がございましたら、いつでもスタッフまでお申し付けください。

ヴィストカレッジ西金沢駅前(放課後等デイサービス・児童発達支援) 事業所ページ

事業所の見学申し込み・利用のお問い合わせ