文字サイズ

【TV出演】NHK金沢放送局にて「VRリモート支援」の実証実験の様子が紹介されました!

NHK金沢放送局の「かがのとイブニング」(2020/11/19)、および「おはよう石川」(2020/11/20)にて、
ヴィストが模索するコロナ禍における新たな支援のカタチとして、「VRリモート支援」が紹介されました。

NHKさん映像はこちらからご覧いただけます。

今回は実証実験として、発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」(株式会社ジョリーグッド)と連携し、
ヴィストカレッジ金沢駅前の利用者さん(ご自宅)と、ヴィストカレッジ富山エリアの利用者さん2名(教室)、
スタッフ(事務所)の4台をリモートで繋ぎ、本屋の店員をVRで体験するワークを実施しました。
映像に合わせて、挨拶をしたり、商品やお釣りを渡すなどして、接客体験をしました。

今回の遠隔機能を用いての実証実験は、全国初の試みでしたが、
利用者さんの「(映像の中に入り込めるので)分かりやすかった」「楽しかった」の声を聞くことができ、
コロナ感染拡大で先行き不安なニュースが続く中、一筋の光が差し込んだように感じます。

VRリモート支援の実証実験にいたった背景

現在、新型コロナの終息の兆しが見えない状況が続いており、
「教室に行くのが不安」「職業体験ができない」といった問題を抱えています。
特に発達障害の方は初めてのことをイメージすることが苦手な傾向にあり、
職業体験で実際に見て・体験することは、大切なキャリア教育の機会でした。
コロナ禍であっても将来を考える機会の損失は起こってはいけない、
そのような思いから、発達障害児向けVRプログラム「emou」(エモウ)を提供する株式会社ジョリーグッドと連携し、
実証実験を行う運びとなりました。

現在、サービスとしてはまだ導入しておりませんが、ゆくゆくはヴィスト内での新規事業化を目指して調整をしております。

発達障害支援施設向けVRプログラム「emou」(エモウ)について

emouは、全国の発達障害支援施設に向けて、VRによるソーシャルスキルトレーニングを提供しています。
今年1月に開催された、経産省「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」にて優秀賞を受賞しました。
emouは、対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能を獲得するソーシャルスキルトレーニングを、
専門医の監修のもとVRプログラム化。
VRによって、場面の再現が簡単にでき、コンテンツ毎のセッション進行マニュアルをセットで提供しているため、
経験の浅い支援スタッフでも受講者に良質なトレーニングを行うことができます。
https://emou.jp/

本件に関するお問い合わせ

ヴィスト広報担当(tel:076-254-6264/月-金 9:00-17:00)までお電話ください。
メールでのお問い合わせはこちら

ヴィストカレッジ(放課後等デイ、児童発達支援)の利用に関するお問い合わせ

ヴィストカレッジは、発達に特性のあるお子様へ、将来を見据えた早期からのキャリア教育を提供しています。
教室一覧より最寄りの教室へご連絡ください。